自分の性格が嫌いすぎてつらい 性格を変えたい・直したい。

こんな性格じゃなければ…

こんにちは。
心理インストラクターのイヌカイです。

自分の性格が嫌いなんです…

って人けっこういます

 

 

「根暗なところが…」

「つい取りつくろってしまうところが…」

「つい人をバカにしてしまうところが…」

「度胸がないところが…」

 

などなど。

人によっていろんなことが

出てくると思います。

 

 

この感覚をこの先も

持ち続けるのかって思うと

すんごい暗い気持ちになりますよねー

 

 

だから変えたいんです!

直したいんです!

 

ってお気持ちは

めっちゃ分かります。

 

性格を変える?

ですが!

大事なことをここで

お伝えします。

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

性格を「変えよう」と

してる時点でアウトっす!!(・∀・)

 

 

身も蓋もないことを

言ってすいません。

でも、この後ちゃんと

説明していきますんで…。

 

 

まず、くどいように

言っておりますが

心の基本の一つは

 

調和か拒絶

 

つまり

くっつけるか

はね返すかです。

 

 

「変えたい」っていうことは

その部分を

良くないものとして

否定してませんか?

 

 

つまり拒絶して

はね返してるということです。

 

 

たとえば

上記の「度胸がないところが…」

っていう部分を変えたいって

思っているということは

「度胸のない自分」は

いらないと思ってるということです。

 

 

(ちょっと前にもこの構図について

少し詳しい内容を投稿してます~

こちらです↓

 

とはいえいきなり受けいれろ

っていうのは

ちょいと無理がありますよね(^_^;)

 

はじめの一歩は

じゃあどうするのかというと

最初のステップは

 

 

「その性格だからこそ得られたこと」を

考えてみることです

 

 

「その性格のおかげで助かった」

「その性格だったから得をした」

「その性格じゃなければ出会わ

なかった人がいる」

みたいな感じで。

 

 

「自分は度胸がなかったおかげで

ケガしなくて済んだことがあったなあ」

なんかは当然ありですし、

 

 

「人をバカにしてしまうことは

世間的にはいいことではないかも

しれないけど、そのおかげで

なんとか自分を保ってこれたなあ」

でも十分です。

 

 

他人にそれをアピールする

わけではないので

 

自分本位の尺度でいいんです。

ささいなことでいいんです。

 

 

これをやった後に

起こることや

次のステップもあったりしますが

 

まずはここからスタート

してみてはいかがでしょう。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事