あいまいが苦手!白か黒かはっきりつけないと気持ち悪い。克服するには?

白黒思考・二極思考

こんにちは。
心理インストラクターのイヌカイです。

自分に起こった出来事とかを

白か黒か

0点か100点か

良いか悪いか

みたいについつい

考えてしまうのって

良くないって言われるの

聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

もしかしたらすでに

気にされてるかもしれません。

 

なんか最近は

0と1の1ビット思考とも

いうらしいですね。

 

自分自身もこの傾向かなり

強かったですねー

まだまだ残ってるかも…(-_-;)

 

これ、なにがいかんって

完璧主義のもとなんですよね。

 

「〇〇がうまくいかんかった…

 こんなんできてないのと一緒だわ(´・ω・`)」

からの

 

「だから自分はダメなんじゃー゜(゜´Д`゜)゜」

という

 

しゃがみ中Kキャンセルからの波動拳ばりの

超基本定番コンボになりがち。

(格ゲー興味ない人すいません)

 

あったりまえのことですが

世の中はグレーなもの。

「白にも黒にも染まらない

俺たちだけのグレイ!」と

GRAYのRをLにしてしまう

グロリアスな人たちが

いるくらいグレーなんです。

 

と、言われても

そもそもなんかそのグレーな感じが

ピンとこないわーという方のために

見方を変えてみましょう。

 

視点を増やしてみる

 

ということで問題です。

 

ここに

白という色があります。

黒という色があります。

色の数はいくつでしょうか?

 

 

答えは・・・

 

 

2つでしたー\(^o^)/

 

…バカにすんじゃないよっ!

って思いました?

すいません。

 

でもこういうことなんです。

 

なにか物事が起こったり

したときに

たった2つの視点でしか

見ないんですか?

ってことです。

 

ついでに言うと

その物事が

良いなのか悪いなのか

どっちが白でどっちが黒か

 

それすらも怪しいもんです。

 

ただ自分が決めた視点が

その2つだっただけで

他の人がみたら

その2つじゃないかも

しれないので。

 

というか多分違います。

 

で!

せっかくなので、

 

白黒思考の癖って

よくないかもなあ

と思っている方に

一つ抜け出すコツを

ご提案しましょう。

 

それは・・・

 

白黒思考から抜け出すために

 

“3つめの視点を加える”

です!

 

もしも最近

白か黒か

100点か0点か

1か0か

 

で物事を見てしまった

ことがあったら

ちょっと思い出して

もう一つ別の視点で

見てみましょう。

 

別に最初に見てしまった

白と黒はべつにそのまま

あっていいです。

 

グレーという状態が

よく分からんくても

一向にかまわん!

 

 

赤か青かそれとも緑か

まさかのローズゴールドか

なんか1個別の視点で

見られればそれでよしです。

 

 

たとえば

 

「今日はAという仕事とBという

仕事を終わらせる予定だったけど

疲れて休んでしまってBが途中

までしか終わらなかったー

今日一日ダメな一日だったわ~」

 

と思ったときに

 

「Bが途中までとはいえ

一応やったのだから

60点はつけよう!」

 

っていうのは

 

慣れてないと気持ち悪かったり

きつかったりすると

思うんですよね。

 

 

「そういえば休んでたときに

ちょっと面白そうな

アイデアを思い付いたなあ」

 

 

くらいでいいんです。

 

だからOKとかって

ムリに後付けして

思う必要もなし!

 

 

ただ、ひとつ視点を

加えてみればそれで〇。

 

 

これならわりと

ハードル低いはずです!

 

 

もちろん余裕があれば

4つ目も5つ目も加えて

OKです。

 

 

ぜひお試しくださいませ。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事