ねばならない思考を繰り返すクセが抜けない。おおらかになるには?

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。

 「□□であらねばならない!」

「○○じゃなきゃいけない!」

「△△であるべき!」

という考えがふと気づくと浮かんでしまう。

何が合ってて正しいのか?

どういうことを発言したら無難なのか?

そんなふうな思考・考え方がクセになっていると、
周りも自分も息苦しいですし身動きもとりづらくなってしまいますよね。

それに周りの人も同じように感じてしまうことも。 

今回の記事では

  • ねばならない/べき思考を和らげようとしたときに気をつけること
  • ねばならない/べき思考をやわらげるコツ(対話をしてみる・考えの原点を探る)

といった内容をお話していきます。

『ねばならない』というキビしい考え

こういった『ねばならない』『べき思考』はあまりよくないよって言うのは、
元々は認知(論理)療法でいう「認知の歪み・イラショナルビリーフ」の考え方なんですが、
悩みがあって心のことを本やネットで調べたりするとよくでてくるので、
一般の方にとっても定番の知識になりつつあるように感じてます。

私も子どもの頃から、「○○しないかん(名古屋弁)」という
母親の口癖をうつされましたので(笑)、
いまだにこれ系のフレーズをついつい使っちゃいますね(^_^;)

昔はけっこう気にしてたので自分もご多分に漏れず、
心理系の本とか読んでなんとか解消しようとしてみたりしたわけですが、

だいたいは「□□でもいい」「○○してもいい」とかに変えましょうって
書いてあるわけです。

ごもっとも!正論です!

しかし

「そんなすぐカンタンに変えれんのじゃーヽ(*`д´*)ノ」
…と何回叫びたくなったことか。

 

どうでしょうか?

今こちらをお読みいただいているあなたも、心当たりがありませんか?

実はこの「ねばならない」「べき思考」と向き合うときは前提として
注意しておく落とし穴があります。 

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事