悩み事や考え事、心配事が頭から離れないときにおすすめの対処法

こんにちは。
〈名古屋なごやかカウンセリング
心理カウンセラーのイヌカイです。
今回もご相談にお答えしていきます。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
自分、悩み事や考え事があると
ずーっと頭から離れなくなってしまって、
ずっとストレス状態なんです。

うーん、私も経験がありますが地味につらいですよね…。
それが起こるときのきっかけはあったりしますか?

仕事で失敗したときとか、
理由がはっきりしてるときもありますが、
ふと気づくと始まってるときもあります。

なるほど。やめようと思って他のことをしようとしても、
しつこくつきまとってくる感じでしょうか?

はい、そのとおりです。
たいていは特に悩まなくてもいいことだと、
分かっているのにやめられないんです。
眠れないときもあったりして精神的にも身体的にもつらいです…。
どうしたらいいでしょうか?

 

この思考がぐるぐるしてしまう状態って、
地味に心や脳のスタミナを奪っていくんですよね。

あまりに続くとひどい落ち込みや無気力などの原因にもなります。

あるいは、卵が先か鶏が先かはわかりませんが、
すでにそういう状態になっているからこそ起こっているともいえるかもしれません。

この思考のループを止めてすっきりするための基本は

『頭の中から外に出す。』こと。

一番シンプルかつ強力な方法は『書き出す』ことですが、
そのためのポイントもいくつかありますので、
今回はそれをしっかりとお伝えしようと思います。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

仕事に人間関係…。悩みの種は尽きません。

人間生きていると何かと悩み事や心配事は付きまといますよね。

特に仕事上の問題が起こったり、人間関係でうまくいかないことがあったり…

簡単に解決するような問題だったらいいんですが、
ややこしい話だからこそつい考え続けてしまうというもの。

私も元々ついつい考えてしまうタイプですので、
本当に調子が悪かった時はすごく辛くて、
なかなか眠れなかったり、身動きが取れなくなってしまったりしました。

頭がぜんぜん休まらないんですよね…。

 

これって要は意識が『今』にとどまっていなくて、
過去に起こったことや、未来に起こるんじゃないか
(未来も実は過去のデータを基にした予測ですので、過去の一部とも言えます。)
ということに意識が持っていかれてしまっている状態ですよね。

だから、一般的にこの考え事のループ対策としては
いわゆるマインドフルネス瞑想(意識を今ここに留める瞑想)をすすめられることが多いです。

ただし、瞑想というのはかなり高度な技術です。

ある程度効果を発揮するレベルになるにはかなりの訓練が必要です。

だから、今困っている状況に対してはちょっと使いづらいというのが正直なところ。

日々、訓練するのはいいことだとは思いますが、まずはとにかく今の苦しみを和らげて、
心や脳のスタミナを取り戻すのが最優先。

そのためのシンプルかつ強力な方法が『書き出す』という方法です。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事