3.5次元から5次元へ(その2)[第73話]

師匠
さて、外から入ってくる情報
3次元+時間(3.5次元)→5次元は
どんな順番でされているかを考えるにゃ。

こここ
今回もややこしそうですわねえ。

師匠
今回のところはあくまでも推論だし
実践にはあまり影響がないので
軽ーく行きましょうにゃ。

こここ
ほい!
今回分からなくても
そのうち分かることに期待します。

師匠
100%分かってから先に進むより
いったん先に進んでから
また最初から勉強するといいにゃ。

こここ
ああ、ずっと悩み続けるより
そのほうがよさそうな感じしますねー。

師匠
では、そろそろ始めるにゃ。
3.5→5次元に変換するには
2パターンが考えられるにゃ。

こここ
2パターン?

師匠
1、3.5次元→5次元に一気に変換
2、3.5→4→5次元と段階的に
変換している。という2パターンにゃ。

こここ
いまいちよく分からんけど
ここは1番で!

師匠
正解にゃー。
場所と形だけの3次元情報からは
意味づけはできないと考えられるにゃ。

こここ
たしかに、色とかの質感がないと
もの足りない感じはします。

師匠
そうすると次の疑問は、4次元にプラス
されるのは情感だけなのか、それとも
5次元全部入りのイメージ情報なのかにゃ。

こここ
ここは全部入りにしときましょう!
ラーメンでも最も尊いのは
“全のせ”じゃあないですか!!

師匠
う、うん。答えの出し方はともかく
一応正解ですにゃ…。

こここ
ラーメンの力は偉大でしたね。

師匠
まあラーメンは置いといて
なんで5次元全部入りの情報じゃないと
いけないと思うにゃ?

こここ
ふむう…。
どんな意味づけをするかが
分からないからじゃないですか?

師匠
驚いたことにほぼ正解にゃ…。
外からきた4次元情報と
すり合わせがいるからにゃ。

こここ
「この情報は前にあった
こんな感じのだったな」
というのがいるんですね。

師匠
そういうことにゃ。
すり合わせできる4次元情報+情感情報が
全部入ったイメージ情報が検索されるにゃ。

こここ
ちょっとこんがらがりそうなので
図とかが欲しいところですねえ。

師匠
こんなこともあろうかと
用意してありますにゃ!

こここ
そうそう。
こういうのが欲しいんですよー

師匠
ご期待にそえてよかったですにゃ。

こここ
どういたしましてです。

師匠
さてさて、ストーリー+プロセス理論は
今回でいったん区切りですにゃ。

こここ
なんですと!

師匠
次回からはかなり哲学的テーマ
自分とは?自由意志とは?
というところに切り込んでいくにゃ。

こここ
おおおおおおお!
なんかすごそうだ!!
楽しみにしてます。
自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事