情感軸をさらにくわしく[第56話]

師匠
しばらく心のエネルギー状態と3つの軸の
関係についてお話を進めてきたにゃ。
ここであらためて3つの軸の特徴を考えてみようにゃ。

こここ
まだまだ深まるのですかー
面白くなっていきそうですねえ。

師匠
深めるといってもより実践的に
考えられるようになると思うにゃ。

 

こここ
ほうほう。わくわくです。

師匠
今回取り上げるのは情感軸にゃ。

こここ
はいはい。“意味づけ”の軸でしたね。

師匠
そうにゃ。厳密にいうと“存在感”とか“重み(ボリューム)”
とかのほうが正確なんにゃけど、分かりにくいので
まずは“意味づけ”と考えてOKにゃ。

こここ
あい、とりあえずカンタンなほうで…

師匠
さて、この情感軸は3つの軸の中で
一番自由に動かせる軸にゃ。

こここ
へえー。
他の軸は自由じゃないんですか?

師匠
空間軸は歩いたり飛行機に乗ったり
という自分の動ける範囲でしか動けないにゃ。

こここ
へえー。
他の軸は自由じゃないんですか?

師匠
空間軸は歩いたり飛行機に乗ったり
という自分の動ける範囲でしか動けないにゃ。

 

こここ
私は飛雷神の術という時空間忍術で
どこにでも行けますけどね!

師匠
じゃあ今からやってみせてにゃ。

こここ
いやあ、これはおいそれと見せられるような
ものではないんですよー、へへへへ。

師匠
………
かなりイラっとくるけど先行くにゃ。

 

こここ
まあまあまあ。
ただの中二病的ジョークじゃないですかー

師匠
はいはいにゃ。で、次は質感軸にゃけど
これはさらに自由度が低くて
基本的に“今”にしかいることができないにゃ。

こここ
そう考えると“意味づけ”はなんとでも
なりそうな気がたしかにしますね。

師匠
情感軸は一番自由に動かせる軸にゃ。
それとともに暴走しやすいとも
言えるのにゃ。

こここ
どんなふうにもなるがゆえに
ってところですかね。

師匠
空間軸は子どものころから体育の授業とかで
きたえるのに、情感軸をきたえるって
あまりしないのは残念なことにゃ。

こここ
たしかにやった記憶がないですね。

師匠
そのへんのくわしい方法とかは
また別の機会にゆずって本筋に戻るにゃ。

こここ
振り回されないほうがいいのは
なんとなく分かります。

師匠
で、情感軸が中心になるものって
たとえば、嬉しいとか悲しいとかの感情や
好き嫌いとかの価値観とか雰囲気とかがあるにゃ。

こここ
あのなんとも言葉にしづらいやつですね~

師匠
それはつまり、情感軸では一瞬で大量の情報を
処理しているということにゃ。

こここ
一瞬で、っていうのは前に習ったと
思うんですが、大量というのは…?

師匠
たとえば、東京スカイツリーの展望台から景色を見て
「見晴らしがいい!」という爽快感と
「高っ!恐っ!」という恐怖感を同時に感じたりするかもにゃ。

こここ
ああー、なるほど
ひとつのことにいくつもの意味付けが
されていってしまうんですね。

師匠
そうなのにゃ。こうして情感は
どんどん大きく複雑になっていくのにゃ。
それを今という瞬間で処理するから…

こここ
暴走したり振り回されたり
するわけかー。
それはちょっと厄介かもです。

師匠
とはいえ、生まれたばかりの子が「自分は人間」と
分かって、それらしく動けるのは
大量の情報を一瞬で処理できる情感軸のおかげにゃ。

こここ
質感軸中心のの論理で
「これはこうだからこうなって…」なんて考えてたら
いつまでたっても終わらないですものね~

師匠
だから、たとえば小さい子どもを、将来将棋とか
囲碁の名人にしたければ、こむずかしいこと教えずに
とにかくたくさん打たせるにゃ。

こここ
ふむふむ。
なんとなく「こうすると勝てる、こうすると負ける」
みたいな意味づけをため込ませるんですね!

師匠
そのとおりにゃ。
そしてさらに名人の対局動画や棋譜も
とにかくたくさん見せるのにゃ。

こここ
むふふふふ。良いこと聞きました。
私に子どもができたらプロの棋士にしてやるぜ!
目指せ藤井聡太先生!

師匠
あなたはその前に相手を見つけることにゃ。

こここ
ぐっ…!
いきなり現実に引き戻してきますね…

師匠
これはスポーツとかでもいっしょにゃ。
特にサッカーとかのポジショニングや
パス回しが大事なスポーツには効果的にゃ。

こここ
ほお!じゃあ私の子どもは
プロサッカー選手にしようかな!
むふふふふふふふふ。

師匠
・・・
自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事