思い込みを乗り越えるには?[第50話]

こここ
師匠!早く「思い込み」を乗り越えて
新しい情報を取り入れるアプローチ
ってやつを教えてください!

師匠
意欲があるのは良いことにゃけど
どうしたにゃ。

こここ
もうそれが気になって
夜も昼も朝も寝られません…
でもやっぱり夜は寝てます!

師匠
寝れてるにゃん。
どれだけ寝る気なんだにゃ?

こここ
日に30時間の睡眠という矛盾のみを
条件に存在する肉体を目指してます。

師匠
某格闘マンガの読みすぎにゃ。
そのうち肉を食べるときの擬音が
「ナポ」になるにゃ。

こここ
いや!そんなことよりも!

師匠
分かっておるにゃ。
その前にここで一度前回の図の再確認にゃ。

こここ
この山のところを乗り越えるために
活性化エネルギーを上げていったん不安定に
ならないといけないんですよね。

師匠
ところが上げていくときに、その不安定による
不快感に耐えられなくてなかなか新しい情報を
取り入れられない、というのが前回までの内容にゃ。

こここ
そこでどうやって乗り越えるのかが
知りたいわけですよー

師匠
ではあらためて図をのせるにゃ。
今度は「3つのステージ」というのを書き加えてあるにゃ。

 

こここ
なんか上下に矢印がついてますね。

師匠
この方向に向かってステージを
上げたり下げたりすることで
思い込みを乗り越えやすくするのにゃ。

こここ
へえー。
じゃあさっそくステージ1から教えてください!

師匠
もちろんにゃ。
ステージ1は本人のエネルギー状態を
上げるアプローチにゃ。

こここ
具体的にはどんなことですか?

師匠
たとえば、叱咤激励して気合を入れるとかにゃ。
「よし、やるぞ!」って気分にさせるにゃ。

こここ
なるほど。たしかにエネルギーの状態は
上がってる感ありますね。
不安定な分、ちょっと危うい感じもします。

師匠
自己啓発セミナーでやってる
「踊りまくってテンションを上げる」とかは
このステージ1を上げるアプローチにゃ。

こここ
なんか「火渡り」とか「目標を叫ぶ」とかも
聞いたことがありますねえ。

師匠
そんなのをやることでエネルギー状態を上げて
「やろうと思ってもなかなかやれないこと」
という情報などをくっつけさせているにゃ。

こここ
そんなからくりだったんですねえ

師匠
本来は不快感を感じているはずなので
意識的には分からなくても、無意識下では
ストレスになっているとも考えられるにゃ。

こここ
そりゃあなんでも気合で乗り切ろうとしたら
いつかは限界がきますよねー

師匠
そういうことにゃ。

こここ
ではでは、ステージ2とステージ3は
どんな感じなのでしょう?

師匠
この先は1話につき100ポイント!
1,000ポイント単位でお買い上げいただけますにゃ。
クレジットカードをご登録くださいにゃ。

こここ
は!?
ここでまさかの課金!?

師匠
冗談に決まってるにゃ~
一度に話してしまうのはもったいないので
続きはまた次回以降にゃ。

こここ
よかったー
第50話を区切りにして本当に
有料化するかと思いましたわ。
自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事