普段の自分が一番![第37話]

師匠
ここまでで内在者・内在者チームと
意識の関係はだいたい説明したにゃ。

こここ
はい!よく分かりました!
…と言いたい!

師匠
話が進んでいく中で分からないことがあったら
前の記事を見て復習したり質問したりするにゃ。

こここ
らじゃーです。

師匠
では今日からは少し日常に近いところの
お話をしていくにゃ。

こここ
おおー。ぜひ役にたてたいものです。

師匠
前回までお話してた「意識」は
1日のほとんど「自我状態の内在者チーム」にいるにゃ。

こここ
は?飢餓状態?お腹すいてるんですか?

師匠
飢餓じゃなくて自我!
簡単にいったら「普段の私」にゃ。

こここ
ああー。なら最初からそう言ってくださいよ~

師匠
しょうがないにゃ。
わかりにくいからこの先は「普段の私」に統一するにゃ。

こここ
そうこなくっちゃー

師匠
で、勉強して知識を身につけたり、考え事をして
新しいことを思いついたりするのは意識のあるところにゃ。

こここ
そりゃ、無意識で本は読めませんしねえ

師匠
でもって、一日の中で「普段の私」でいる時間が一番長いにゃ。

こここ
よっぽどころころ変わる人はそういませんよね。

師匠
ということはにゃ。
「普段の私」が一番かしこくて一番優秀という結論になるにゃ。

こここ
まあたしかにそうですよねえ。

師匠
んー、なんか反応がうすいにゃあ…

こここ
分かるんですけどピンとこなくて…

師匠
実はこのことは意外とみんな分かってなくて
つい“特別な私”でいこうとしてしまうにゃ。

師匠
それにゃ。
「普段の私」が一番優秀でかしこいのが
分かってたら特別な私なんていらないにゃ。

こここ
うーむ、そのとおりですね。

師匠
「普段の自分よりかしこくて優秀な自分なんていない!」
って確信して日ごろから思い出すのをおすすめするにゃ。

こここ
じゃあ、もしも実力を発揮しないといけない
場面がやってきたらどうするんですか?

師匠
すごい自分とかよくできる自分になろうとせずに
気持ちは普段の自分で、行動について
気をつけることを決めるにゃ。

こここ
たとえば~?

師匠
今日のしゃべりは区切りごとに○秒の間をとろうとか
足を○cmしっかり上げて動こうとかにゃ。

こここ
なるほど、全部完璧にしようとすると
わけわかんなくなりますものね。

師匠
そうにゃ。ぜひ試してみてほしいにゃ。

こここ
はいっ!試してみます!
自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事