内在者と結びつける[第30話]

師匠
突然ですが・・・。
こここさんは受験勉強のときの参考書の
内容はばっちり覚えておいでですかにゃ?

こここ
はっ、愚問ですな。
きれいさっぱり忘れております。

師匠
期待どおりの答えありがとにゃ。
バカにするわけじゃなくて
まあたいがいみんなそんなもんにゃ。

こここ
そんなもんですよねー

師匠
では、もう一つ。
逆にくっきりはっきり覚えている
思い出をなにか一つ教えてにゃ。

こここ
んーと、そうですねえ・・・。
学生の頃にオカルト研究会に入っておりまして。

師匠
ふむふむ。初耳ですにゃ。それで?

こここ
とある実験を友人たちと
やっておりましたところ・・・。

師匠
やっていたところ?

こここ
突然部屋の電気が消えまして、
「えっ?」ってなってるうちに

今度はまわりから男のうめき声が・・・。

師匠
その声の男はスーツを着てメガネに
無精ひげのおじさんにゃ。

こここ
へ?なんで分かるんですか。
特にその後のオチも話してないし、っていうかその後
みんなダッシュで帰ったからオチも後日談もとくにないのに。

師匠
だって今、後ろにいるにゃ。

こここ
ギャアアアアアアアアアア!!!!!

師匠
冗談にゃ。

こここ
心臓が口から飛び出てアルゼンチンあたりまで
到達するかと思いましたわ!

師匠
悪かったにゃ。
というわけでそろそろ本題に入ろうかにゃ。

こここ
はあ、はあ、はあ・・・ふぅー。
よし、準備がととのいました。

師匠
では、その思い出をちょっと深堀りしたいんにゃけど、
特に印象に残っているイメージとか体感とかを教えてにゃ。

こここ
えーと、心臓のドキドキ感とか、
友達と抱き合った感触とか、
友達の恐怖に引きつった顔とか・・

師匠
にゃるほど。
それは最初にきいたほとんど覚えていない
受験勉強の参考書の記憶と特に何が違うと思うにゃ。

こここ
そうですね・・・。
受験勉強はほとんど一人で部屋でこもってやってましたが、
その事件のときは友達と一緒にいたことでしょうか?

師匠
うんうん、いい気づきにゃ。
その「友達と」っていうところがポイントにゃ。
要は内在者と結びついているかどうかにゃ。

こここ
ああ、そういうことか!

師匠
前に話した通り、内在者-人間の情報は
ケタ違いに大きいにゃ。
だからそれとつながると
認識が特別にしっかりするにゃ。

こここ
よくよく考えると特にはっきりした思い出って
たいがいが人と関わってますね。

師匠
ということは、勉強は人に直接教わることが
どれだけ大事か分かるにゃ。

こここ
はい!ほんとにそうですね!

師匠
ちなみに応用編として、本を読むときは、
事前に著者の情報を調べたり、

動画があればそれを観たりするといいにゃ。

こここ
それが、ネットで調べれば簡単にできるなんて
いい時代になったものですねえ

師匠
ただし、直接本人に会いにいけば
それとは比べ物にならない収穫があるにゃ。
こここが直接うちに勉強しにきてるのは大正解にゃ。

こここ
おおー、我ながらいい選択をした!
内在者というより内在猫になっておりますが。

師匠
ともあれ、効率化を重視しすぎて
何でもeラーニングみたいにしてしまうのには反対にゃ。
子どもの教育は特ににゃ。

こここ
おっ、ちょっと社会派!
でも確かにそうですね~。
自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事