つながってできていく心[第19話]

師匠
心は「イメージ情報」がつながって
できているというところまでが
前回お話したところだったにゃ。

こここ
心が扱っている5次元の情報のことを
「イメージ情報」って言うんでしたね。

師匠
うむ、その通りにゃ。
では、イメージ情報がどうやって
つながっていくかを考えていくにゃ。

こここ
はいっ!考えてみます!

師匠
良い返事ですにゃ。じゃあ最初の質問。
ここは何歳くらいの記憶まで思い出せるにゃ?

こここ
う~ん・・・。それなりに思い出せるのはー・・・
幼稚園に入る前くらいだから・・・
3、4歳くらいでしょうか?

師匠
どんな記憶にゃ?

こここ
なんとなくですが、公園でボールを
追いかけてたらコケてギャン泣きした

記憶が一番古いやつな気がします。

師匠
うんうん。そういうちょっとした
ストーリーみたいに思いだせるのは

だいたいの人がそれくらいの歳じゃないかにゃ。

こここ
はいはい。前に友達と話したときは
みんなほとんどそれくらいでしたー。

師匠
ということは、生まれてからある程度
時間がたたないと、それなりにはっきりした
記憶はできないということにゃ。

こここ
そういうことになりますね。

師匠
ならば生まれてからはっきりした記憶が
作れるようになるまでに、

何が起こっていくのかが分かればいいにゃ。

こここ
たしかにそうですね!さすが師匠!

師匠
だてに何年も生きていないにゃ!
じゃあ、生まれて間もない赤ちゃんは
何を感じてると思うにゃ?

こここ
えーと、赤ちゃんは何も知らないので
とりあえずなんかぼやっと感じてると思います。

師匠
うん、多分そんなふうにゃ。
それでそれで?

こここ
で、なんていうかは分からないけど
ぼやっとの中にふわふわした布団とか
固いベッドの柵とかが

あるのに気づいていきそうです。

師匠
要は自分がいるところ全体の
「ぼやっと」が分解されていくにゃ。

こここ
ああ!そうですね。
細かくなっていきますね。

師匠
もちろんその逆もあるにゃ。
「なんかやさしく抱っこしてくれて、
なんかいいにおいがして、

なんか飲ませてくれるのはどうも同じのだな」とか。

こここ
お母さんに関する情報が
くっついて増えていくんですね。

師匠
そうにゃ。こうして分解されたりくっついたりして
大きいのから小さいの、小さいのから大きいの
というふうにイメージ情報がつながっていくにゃ。

こここ
そっか!小さいうちはつながる基になる
イメージ情報が
少ないから
記憶ができないのか~。納得!

師匠
よく気づいたにゃ。
こここの心の中でも学んできたことが
つながってきたんだにゃあ。じーん。

こここ
いやあ、師匠のおかげです。

師匠
急に殊勝なこと言いだすと逆に怖いにゃ。

こここ
ひとこと多いですよ!
ところで、師匠の一番古い記憶はなんですか?

師匠
ふふふ、長生きしたいなら
それは聞かないほうがいいにゃ。

こここ
ふぁっ?!なんなの?!
めっちゃ気になる!

師匠
次回はこのイメージ情報のつながりについて
もう少しくわしく見ていくにゃ。

こここ
それより師匠の出生の秘密のほうが気になる!
自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事