空間と時間、そしてひとつの次元[第11話]

師匠
さあ、いよいよ心の次元のお話も大詰めにゃ。

こここ
テンション上がってきましたよ!

師匠
おさらいすると「縦・横・高さ」の3次元の「空間軸」と
時間や論理に関わることの「質感軸」で4次元だったにゃ。

こここ
心配しなくても覚えておりますよ~。

師匠
では質問にゃ。
その4次元があれば、いま心に描いている
世界は完成するかにゃ?

こここ
なんかできそうな気がするけど
最初からもう一つ次元があるって言ってるし
そのひっかけには乗りませんよ!完成しません!

師匠
ドヤ顔で悦にいっているところに
申し訳ないけどさらに聞くにゃ。

どうして完成しないにゃ?

こここ
ぐはぁッ!なんとむずかしい質問を・・・。
やばい・・・。
い・・・意味が分からない・・・・・・。

師匠
正解にゃ。

こここ
はあっ?!うぇっ?!
なんで?何が正解?

師匠
うん。たまたま当たってたのは分かってるにゃ。
「4次元だけでは意味が分からない(存在しない)」
というのが正解にゃ。

こここ
意味・・・ですか。

師匠
よく考えてみるにゃ。
身のまわりには光やら音やらにおいやらで
あふれていて、しかも動いていたりするにゃ。

こここ
ぐちゃぐちゃでわけが分からなくなりますねー。

師匠
そこで必要なのが「意味づけ」なのにゃ。
「これは机。これはネコ。」

みたいにかたまりとして意味づけをしているから混乱しないにゃ。

こここ
ケーキ タベル オイシイ ワタシ シアワセ!

師匠
なんで未開の部族みたいになってるにゃ・・・?
でも意外とその感じははずれてないにゃ。

こここ
今日はカンが冴えているぜえ!

師匠
そのオイシイとかシアワセとかはまさに意味づけで、
喜怒哀楽とか好き嫌いとかの感情的なものや
価値観や重要度とかもそうにゃ。

こここ
ふむふむ。これで5つそろいましたね。
「縦・横・高さ」に「時間」、「意味づけ」ですね。

師匠
「意味づけ」の次元は「情感軸」(じょうかんじく)というにゃ。
「空間軸」と「質感軸」といっしょに覚えておいてにゃ。

こここ
了解しました、上官どの!

師匠
だれが上官どのにゃ。
それにしてもまさかのオヤジギャグ・・・。

はっ!最後にひとつ教えておくことがあるにゃ。

こここ
なんでしょう?

師匠
言葉で説明をする都合上、
誤解されやすいところなんにゃけど、

「意味づけ」=「言葉」ではないのでそこは注意してにゃ。

こここ
「これはネコ」とか「ケーキはおいしい」
とかのことですか?

師匠
本当は「情感軸ー意味づけ」は言葉にならない
「なんかこんな感じ」みたいなものなので
カン違いしないようににゃ。

こここ
確かにとてもいい映画を観た後の
感動は言葉にできなかったりしますもんね~

師匠
このあたりの詳しい話はだいぶ先にするけど
ちょっとややこしくなるので、
今はいったん置いておくにゃ~。

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事