目標は100%達成できなければ意味がないと思ってしまうあなたへ

目標が達成できなくて、
つい自分が情けないような劣っているような
感覚を感じてしまうと本当に苦しいですよね。

 

そして、ただでさえ苦しいのに
追い打ちをかけるように自分を責めてしまったり…

 

あなたにはちょっと完璧主義なところがあるかもしれません。

 

「1番にならなきゃ意味がない、2番以下には価値はない。」

といったようなことをよく考えていたり、

完璧であることや一定以上のクォリティにこだわるばかり、
逆に一歩が踏み出しづらくなったりしていないでしょうか?

本当は楽しくできるはずのことも義務感でやってないでしょうか?

 

完璧主義はある一定のところまでは結果を生んだり、
成長につながるという面もあります。

 

ところが、この完璧グセがあると
ストレスが溜まりやすくて疲れやすくなりますし、

失敗しながら学んでいくということもしづらいので、
結局パフォーマンスも上がらず
成長もしないという結果になりがちです。

 

実は完璧主義にいいことはあまりないのです。

 ちょっとでもできた自分をほめよう。

目標の達成を目指すこと自体は素晴らしいことです。

でも、できる限りの努力をした結果、
100%達成できなかったとき、
本当にそこに意味や価値はないのでしょうか?

 

たとえば、100点満点のテストで10点しか取れなくても、
10点分でも正解ができたということは
勉強する前よりも10点分賢くなったわけです。

それを進歩と言わずしてなんというのでしょう。

 

結局、目標達成できなくてなんの意味もなかったと感じている
記憶を思い出してみてください。

 

そして、もしも1%でも、0.1%でも
何かを成し遂げたのならそのことをほめてあげましょう。

“完璧主義をゆるめる”自分にかける言葉

まずは、いきなり自分の完璧主義を否定せず、

「100%の結果が出るに越したことはないよね。」

これまでの自分を認めてあげてください。

そして、

「本当は必ず完璧じゃなくてもいいのは頭で分かってても、
いざやめるのは怖いよね。」
とも。

 

何回か繰り返すうちに気持ちがホッとしてきたら、

「最初は気持ち悪いかもしれないけど、そこそこにやっていけるといいよね。」

なんて言ってあげてみましょう。

たくさんかけているうちにだいぶゆるんできますよ。