イヤな出来事などがあるとずっとグルグル考え続けてしまうあなたへ

だれかとトラブルになったり、仕事で失敗してしまったり、
ときには自分に落ち度はないのに理不尽な目に合うことも。

もしかすると、ふと過去の出来事を思い出したことがきっかけで
始まることもあるかもしれません。

考えごとのループがいったん始まってしまい
止まらなくなってしまうと家に帰っても休まらないし、
夜眠りたいのに眠れなくなってしんどいですよね。
 

この「グルグル思考グセ」(反芻思考と言われます)は
意識が『過去』にとらわれてしまっている状態とも言えます。

未来の不安もあるのじゃないか?と思われるかもしれませんが、

未来の不安というものは『過去』のデータを元にした予測なので、
実は構造は『過去』にとらわれているのと同じです。

 

裏を返せば、意識を『今ここ』に保つ力が弱いと
この“ついグルグル考え続けてしまうクセ”におちいりやすいともいえます。

頭の中から外に出そう。

頭の中で考えがグルグルと巡り続けると、
それだけで頭脳の容量を食われてしまうので
他のこともできなくなりますし、興奮状態から抜け出せません。

 

だから、頭の中からその考えを外に出してしまうのです。

 

そのために一人でもできるシンプルな方法は紙に書き出すという方法です。

とにかく、頭の中に巡っている考えを
飾ることなくそのまま書き出してしまいましょう。

このときに注意することは広く浅く書くということ。

 

つい解決法や考えの元を深堀りしてしまいがちですが、
それをやるとドツボにハマっていってしまいます。

はっきりしないところは、多分これかなと
とりあえず書いてしまってもOKですよ。

書いてから気づくこともありますから。

 とにかくすぐに止めたいとき

仕事中や人と一緒にいるときにグルグルが
始まってしまって困ることもありますよね。

そういうときには完全なスッキリには至らなくても、
できるだけ即効性のある方法があるといいです。

これもお伝えしておきましょう。

 

1つには『柏手をぱーんと一発打つ』というのがあります。

一旦席を外して、椅子に座るか立った状態で
「グルグル思考は終了!」とつぶやきながら、

神社でお参りするときのように「ぱーーん」と
いい音がでるように手のひらと手のひらを叩き合わせます。

 

古来より柏手は魔を祓うなんて言いますが、
その実姿勢を整えたり、それまでの悪いパターンを断ち切るという効果があります。

他にもいろんな方法はありますが、まずはこちらを試してみてください。