【自己啓発・成功法】『チャンネル・ゼロ』イグゼロ

Facebookでフォローさせていただいている

ライター、イグゼロさんの書かれた本です。

ブログやFacebookに投稿される

独特の視点と分かりやすく楽しい表現で

書かれた記事を読むたびに

「ほぉー」とか

「うーむ」とか

「すげー」などと

いつもうならされております。

 

[こんな本です]

では、紹介文から。

人間の普遍的な考え方を、非日常的な物語に乗せて綴った32のショートストーリー集。

普段意識しないような事を、ユーモアや皮肉、あるいはドラマティックなストーリーを読むうちに
気がついていく仕掛けとなっている。

amazonの商品ページには[著者からのコメント]も

掲載されておりますので、ぜひ合わせて読まれると

良いと思います。

 

さて、紹介文にもあるとおり、

この本に書かれていることは

「普遍的」なことです。

 

結論だけ抜き取れば、

多少自己啓発本や能力開発本の類を

かじったことがあるような方なら

「当たり前」と思うことかもしれません。

 

ですが!

この本の面白いところはそこではありません。

その「当たり前」と分かっていながらも

自分のハラに落ちていないことが

上質な「物語」として読むからこそ

“すっ”と無意識に染み込むような

感覚が得られるんですね。

 

また、何人かでひとつのストーリーを読んで

感想をシェアするのも一興です。

それぞれに注目するポイントが違ったり

解釈が違ったり、ふくらませ方が違ったり

自分と違う視点が加わることで

得られるものも豊かになります。

 

[なるほどポイント]

正直全部のストーリーを読んでほしいんですが…

ここでは私のお気に入りのストーリーをいくつかご紹介。

嘘のない世の中

「もう、本当にうんざり」

彼女は、画面の向こうにいる女友だちに向かってキーボードを叩いた。

「世の中ってウソばっかり。みんな口では耳触りのいいことを言っているけれど、
心の奥では何を考えているのか、わかったものじゃないわ」

今の彼女には、自分のまわりにいる人も、テレビやインターネットで目にする情報も、
どれもこれも、嘘ばかりに思えて仕方がなかった。

もうこの冒頭のところから

この後どうなっていくのかワクワクしませんか?

シニカルながらもなんだかこの世が好きになる

この↑お話や、

 

落とし穴つきエレベーター

男は、いつのまにか小さな部屋の中に放り込まれていた。

部屋は二メートル四方くらいの大きさで、すべての壁がガラス張りで、外には綺麗な景色が広がっていた。
高さでいうと、三階建ての建物から景色を見ている感じだろうか? 
部屋の中は殺風景で、何も置いていない。「部屋」というよりは、ガラス張りのエレベーターといった風だ。

男がふと床に目をやってみると、白い床に一枚のコインが落ちていた。
何気なく拾ってみると、表には「幸運」。そして裏には「不運」と書いてあった。

なにかにチャレンジしている人

またはチャレンジしようとしている人には

特に響くこんな↑お話。

個人的には男の最後の一言が最高でした。

 

イツとの違い

なんでアイツは、運がいいんだろう?

同じ町で生まれ、同じ町で育った。背格好もそれほど変わらないし、
学校での成績も、ほとんど同じようなものだった。
アイツも私も、運動神経も同じようなものだったし、
外見だって、それほど差があるとも思えない。

なのにアイツは、ことあるごとに、ラッキーをつかむ。

少々ピリッとスパイスの効いた

ちょっと自分を振り返ってみたくなる

こんな↑お話もあって飽きることがありません。

[感想まとめ!]

今回はこちらの本、

電子書籍版で購入して

スマホで読んでいました。

 

この本は

その時自分が置かれている状況や

自分のレベルによって

そのストーリーのとらえ方が変わったり

お気に入りのストーリーが変わったりすると思うので

ふっと気がついたときに読めると

いいのじゃないかなと。

 

なので、電子書籍版でスマホに入れて読む

というスタイルは相性がいいです。

もちろん、大ファンの方は単行本を本棚に(笑)

自分が嫌いで許せないあなたのための『自己肯定感』の真実

『自己肯定感』を高くしたいと思ったら
最初に知っておきたいことがあります!

「自分の心の悩みにはどうも自己肯定感が
低いことが関係してそう…」

そんなふうに思いつつも、何から手をつけたらいいのか分からない…

本を買ってみたけど、どうもピンとこない…

そんなふうに困っているあなたに
「自己肯定感を高めるために知っておきたい大切なこと。」を
ギュッと凝縮したE-book(PDF小冊子)をプレゼントします。

ぜひお気軽にダウンロードしてくださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事